【Hope】水野 達稀(JR四国)

Hope

久しぶりの更新です。

 

今回紹介するHopeは野球界からです。

今年ドラフト解禁年になるJR四国の水野 達稀選手を紹介します。

JR四国・水野 高卒ルーキーが驚きの一発 - 毎日新聞

(写真:https://mainichi.jp/ama-baseball/articles/20190719/k00/00m/050/472000c

 

プロフィール

氏名:水野 達稀(みずの たつき)
生年月日:2000年7月30日
出身:香川県丸亀市
身長:171cm
体重:70kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:ショート
経歴:丸亀城西高校→JR四国

 

丸亀城西高校時代に甲子園出場も結果を残すことができず、その後JR四国に入社

「よりレベルの高い場所に身を置き、3年でプロを目指したい」という理由で社会人という進路を選んだ。

入社1年目からショートのレギュラーの座を勝ち取り都市対抗野球本戦に出場。

水野が名を売ったのは、三菱重工神戸・高砂の守安から打った本塁打。

社会人を代表する好投手の守安から放った本塁打はアマチュア野球ファンへインパクトを与えた。

 

その後の日本選手権でも活躍、去年の都市対抗は四国銀行の補強選手として出場。

 

高校を卒業した2年間は順調に実戦経験を積めている。高卒でいきなり社会人野球のチームでレギュラーを取れていることが凄い。

 

水野選手の持ち味はフットワークの軽い守備とパンチ力のある打撃。

木製のバットで東京ドームの中段に飛ばす力は並みのポテンシャルじゃない。

 

今年はドラフト解禁年なので、より突出した成績、内容が求められる。

打撃でアピールをするのか、守備で名を売っていくかの方向性をプロスカウトにアピールしていきたいところ。

ポジションの事を考えると守備でアピールしていきたい。少し打てるショートより、守備に特化したショートの方が需要が高いので守備面のレベルアップに期待したい。

後は走塁面です。一塁到達スピードが2019年時は4秒台前半だったので、最低でも3.9秒台前半に持っていきたい所。

 

2021年ドラフト候補の水野選手がどれくらいレベルアップするか注目。

投稿者プロフィール

ヤス
ヤス
サッカー、野球、映画、音楽を愛し、孤独に愛されたアラサー男子。
好きなことに関しては歩くグーグルと言われる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました